WordPressの勉強がてら

WordPressの初心者が独学でホームページ作成したときの技術メモ

WordPressの勉強がてら

特定のページのみSSLに対応させる

   

申し込みページに住所等の個人情報を入力する場合は、情報流出を防ぐためSSLを導入すると思います。

導入にあたり、WordPressのプラグイン「WordPress HTTPS」を使って特定のページ(固定ページ)をSSL対応したのでメモ。

やりたいこと

・Contact Form7 を使ったお問い合わせページをSSL対応したい。
・管理ページもSSL対応させる。

※SSLの申し込み等は省略。今回は独自SSLを使用している。

スポンサーリンク

 

WordPress HTTPS

プラグイン 「WordPress HTTPS」をインストールして有効化。

ダッシュボードに「HTTPS」というメニューが追加されるので選択。

Force SSL Administration:チェック入れると管理ページがSSL対応される。

Force SSL Exclusively:各ページにSSLの有効/無効の設定ができるようになる。

「Save Changes」で設定を保存する。

 

次にContact Form7を組み込んだ固定ページを開くと、下記のように「HTTP」の設定が追加されている。

「Secure Post」にチェックを入れるとこのページにアクセスしたとき、自動的にhttps:のほうにアクセスされる。

 

直接指定しているURLは変更が必要

上記までで一応対応は完了ですが、注意事項があります。

画像を指定している際にhttp:~のURLをしていている場合、警告マークが表示されます。

 

<img src=”http:~で直接指定していないか?

ソースコード中でget_template_directory_uri() などで画像をしていている場合は問題ないのですが、カスタムメニューで画像を指定している場合は、下記のようにhttpsに変更する必要があります。

あと、Contact Form7 のボタンを画像を設定画面から直接指定している場合も同様に変更が必要。

自分がひっかかった。。

 

 

 - WordPress, サーバ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

wordpress情報
Contact Form 7の初期値をクエリストリングから取得する

お問い合わせフォームを作成するときよく使うプラグイン「Contact Form …

wordpress情報
会員専用ページをつくる

会員専用ページをつくるにあたり、いろいろなプラグインがある。今回クライアントの要 …

DSC05862_
QNAPのTS-231PでNASを構築

データバックアップ用にNASを導入しました。 いろいろ調べてコストパフォーマンス …

thum_server
WordPressをローカル環境から対外サーバへコピーする

通常仕事でホームページを作成するときローカル環境で作成し、最終的にレンタルサーバ …

wordpress情報
「Events Manager」プラグイン を使ってイベントカレンダーを作成する

「WordPress イベントカレンダー」で検索するといろんなイベントカレンダー …

wordpress情報
ショートコードやタグを登録して簡単に呼び出す

WordPressの記事を登録するときショートコードやタグなど手で打つのはめんど …

thum_server
ローカルテスト環境のページを他のマシンから閲覧できるようにする

以前、「ローカル環境にWordPressの動く環境を構築する」、「ローカル環境に …

wordpress情報
Contact Form 7をレスポンシブ対応する

お問い合わせフォームを作るときに定番のプラグイン「Contact Form 7」 …

wordpress情報
「Events Manager」で現在開催中のイベントを示すプレースホルダーを作成する

以前に「Events Manager」でオリジナルのプレースホルダーを追加するに …

wordpress情報
「Events Manager」の絞り込み検索ページへリンク(条件込み)を張る方法

イベントカレンダーに欠かせないプラグイン「Events Manager」。今回は …