WordPressの勉強がてら

WordPressの初心者が独学でホームページ作成したときの技術メモ

WordPressの勉強がてら

ウィンドウのサイズを確認しながらデバッグする方法

      2015/01/26

レスポンシブのWebサイトを作成するときウィンドウ幅を見ながら画面表示をみたいので、こんなことをしていた。

<script>

    $(function(){

        $(window).resize(function() {

            console.log($(window).width());

        });

    });

</script>

ウィンドウ幅が変わるたびにconsole.logでブラウザの開発ツール上で表示させていた。

スポンサーリンク

 

ブラウザの機能で確認できる

上記のようなことしなくてもよかった。

ブラウザ(ForeFox)の開発ツールを起動し、下記に示すところに「レスポンシブデザインモード」というものがあった。

「レスポンシブデザインモード」をクリックすると、

表示が切り替わり、ウィンドウサイズを自由に変更でき、サイズも確認することができました。

ずっと知らなかった・・・・

今回はFireFoxですがおそらくChromeでもあるでしょう。

ブラウザ標準搭載の開発ツールにはいろいろ機能があるけど全然使いこなせてない気がする・・・

 - その他Tips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

Adobe Bridgeで画像ファイルの名前を一括変換する方法

デジカメの画像データなどファイル名を管理する時、「好きな名前」+「通し番号」を付 …

bootstrapのグリッドレイアウトだけ使うのが好き

bootstrap便利です。WEB製作でレスポンシブ対応するときこれを使ってます …

page plugin(facebook埋め込み)をレスポンシブ対応する

2015年6月にfacebookをwebサイトに埋め込むには「like box」 …

ネットショップBASE(ベイス)のAPIを使って商品一覧を表示させてみた

簡単に無料でネットショップが開設できるサービス「BASE」。無料ってのがとても魅 …

フォルダ内のファイル一覧をテキストデータに落とす方法

データを納品する際の資料作成時など、ファイルの一覧表を作りたいことがたまーにあり …

ブラウザ上の画面を範囲を指定してクリップボードにコピー

ブログを投稿するとき、よく画面のコピーをとることがあります。標準機能の「Alt …

WindowsからMacに移行した。いろいろ大変だった。

Windowsマシンを使って十数年、この度マシンをMacに移行することになりまし …

パスワード自動生成サイト

WordPressのセキュリティ強化のため、adminユーザを削除してパスワード …

Google AdSenseを導入してみた

Google AdSenseを導入したので手順のメモ。Google Adsens …

PhotoShopを使って背景の邪魔な物体を簡単に削除する

PhotoShopの初心者の私です。今回、画像に写っている邪魔な物体を削除するの …