WordPressの勉強がてら

WordPressの初心者が独学でホームページ作成したときの技術メモ

WordPressの勉強がてら

ショートコードやタグを登録して簡単に呼び出す

      2015/03/26

WordPressの記事を登録するときショートコードやタグなど手で打つのはめんどくさいですよね。そんなときWordPressプラグイン「AddQuicktag」を使えばワンクリックで打つことができます。

スポンサーリンク

 

ショートコード登録してみる

ここではソースコードを美しく表示させるプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」のショートコードを登録してみます。

登録するショートコード

 

早速インストールして設定

インストールして有効化すると「設定」メニューに「AddQuicktag」が追加されます。これを選択すると下記のような画面が表示されます。

 

ショートコードを登録

下記のように、追加したいコードを入力する。投稿画面のビジュアルエディタにボタンを表示させたいので「ビジュアルエディター」と「post」にチェックを入れる。

これで完了。簡単!

 

使ってみる

投稿画面を見てみましょう。

ビジュアルエディタを見て「ツールバーの切り替え」ボタンを押してみると「Quicktags」メニューが追加され先ほど登録したコードのリストが表示されます。

 

ショートコード挿入

上記のように文字列を選択してQuicktagsを選択すると、下記のように”開始タグ”、”終了タグ”で登録したタグで囲むことができます。

できました。

これが基本的な使い方ですが、定型文の入力に使ったりしてもいいかもですね。

また、今あるボタンを消したり、設定をエクスポートして他のWordPressへインポートする機能もあるようです。

 

 - WordPress

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

wordpress情報
カスタムフィールドの値をOR条件で抽出

カスタム投稿を作成した時に、カスタムフィールドの条件をOR条件で抽出したかったり …

wordpress情報
「Events Manager」の絞り込み検索ページへリンク(条件込み)を張る方法

イベントカレンダーに欠かせないプラグイン「Events Manager」。今回は …

wordpress情報
使用しているテンプレートファイル名を表示

WordPressのテーマを自分て作成しているとき現在表示されているのがどのテン …

wordpress情報
「Events Manager」で現在開催中のイベントを示すプレースホルダーを作成する

以前に「Events Manager」でオリジナルのプレースホルダーを追加するに …

wordpress情報
Contact Form 7をレスポンシブ対応する

お問い合わせフォームを作るときに定番のプラグイン「Contact Form 7」 …

wordpress情報
Contact Form 7の初期値をクエリストリングから取得する

お問い合わせフォームを作成するときよく使うプラグイン「Contact Form …

wordpress情報
特定のページのみSSLに対応させる

申し込みページに住所等の個人情報を入力する場合は、情報流出を防ぐためSSLを導入 …

wordpress情報
「Events Manager」プラグイン を使ってイベントカレンダーを作成する

「WordPress イベントカレンダー」で検索するといろんなイベントカレンダー …

wordpress情報
カスタム投稿をプラグインを使って実装し抽出する

WordPressでブログだけでなく通常のコーポレートサイトのようなページを作成 …

wordpress情報
「Events Manager」の絞り込み検索フォームのリストの順序を変更する方法

イベントカレンダープラグイン「Events Manager」について便利な絞り込 …